シオンの、わくわくライフ

毎週日曜日、鋭意更新中。暫くブログのあちらこちらがちょいちょい変わります(。-∀-)

長距離アタック2015 in 筑波(。-∀-)

こんばんは、橘です(。-∀-)

今回は、更新日が火曜日ですが、一応日曜日までの事をまとめて書こうと思います。
後半戦は、また次回の日曜日に更新しようと思いますので、よろしくお願いいたします(´∀`*)

そんな訳で、連休前半は、長距離アタックに行ってきました。
おそらく今年は最後となるであろう長距離アタック(。-∀-)
何週間も前から後輩Kと打ち合わせをしつつ、どこへ行って何をするかを検討していました。
今回は、長距離アタック2015 in 茨城ツアーをレポートします(´∀`*)


金曜日の夜、アタック直前。
橘邸にて、私とKで恒例の出陣飯を食う(。-∀-)
長距離をかけている際は、コンビニに立ち寄るけど、やはり腹が減っては戦はできないわけです。

01 出陣飯

いつもはスパゲッティなのですが、アタック当日は少々暑かったので、冷ややかにそうめんにしました(´∀`*)
肉味噌そうめんですね(。-∀-)

飯を食い終わってから少し休み、夜11時、いよいよアタック開始です。
今回も高速を使わず下道のみで茨城を目指します(。-∀-)

道中は、あの有名な三国峠を通ります。
初めての三国峠は、私がドライブする事に・・・。

しかし、走ってみると割と道は広く走りやすい(´∀`*)
しかも、対向車もほとんどいないから、楽DAZE!!
とか思っていたら、大量のジビエが( ̄Д ̄;;

ジビエとは・・・
ジビエ(仏: gibier)とは、狩猟によって、食材として捕獲された野生の鳥獣である。主にフランス料理での用語。主に畜産との対比として使われる。狩猟肉。
wikiより


まぁ、要するに野生動物の屍です( ̄Д ̄;;
我々は表現をマイルドにするために『ジビエ』と呼んでいますが、今まで見たこともない大型のジビエが広範囲に渡って散乱していた(;´Д`)
しかもまだ赤くて新鮮だった。・゚・(ノД`)・゚・。
帰りはKに運転してもらおう(´Д⊂グスン

そんなジビエたちに見守られながら、無事に茨城に到着。
到着したのは、朝の6時前ぐらいでした。
予定通り、かなり早く到着しました(。-∀-)
コンビニの駐車場にて、しばし仮眠タイム。


車の中で2時間ぐらい仮眠をして、朝飯を買いに車から出ます。

02 茨城の朝、曇天

雨は降っていませんが、茨城はあいにくの曇天です( ̄Д ̄;;

03 朝飯

今朝はコンビニ飯(。-∀-)
飯を食っていると、遅れてKが起きてきました。
Kも飯を食い終わったところで、最初の目的地に出発します(・∀・)

今回の目的地の一つ目は、筑波山です
筑波山登山でGOGO!です(´∀`*)
今回のメインではないのですが、筑波山が茨城県にある事を知りませんでした。
見つけたときに、これは登ってみようと言う話になり、今回の目的地の一つ目になりました(。-∀-)

登山道入り口までは車で行けます。
駐車場も500円(24時間)と、大変便利(´∀`*)

04 駐車場は霧

しかしながら、駐車場に着いたら、段々霧が濃くなってきた(;´Д`)
雨は降らなそうなので、とりあえず着替えます(。-∀-)

05 シオンスタイル

K「隊長、登山スタイルっぽいね」
シオン「まぁ、こんなもんで十分だろう。涼しいし、大して汗もかかないんじゃないか?(。-∀-) 」
K「山をナメてるw」
シオン「一応タオルもあるし、大丈夫だろう(´∀`*)」
K「よし、行くか」





















06 Kスタイル

シオン「山をナメんな(◆□◆;)!!
シオン「何その『ちょっとコンビニ行って来るわ』スタイルは( ̄Д ̄;;」
K「こんなもんじゃない?w」
シオン「山をナメてる( ̄Д ̄;;」

07 看板

駐車場にあった看板で、現在地と登山道入り口を確認する。
駐車場を出て少し歩くと・・・

08 筑波山神社入り口

K「入り口あれっぽいね」
シオン「そうか、よし(。-∀-) 」




















09 登る場所違う

K「色々おかしいw

目の前に登れそうなところがあったので、ちょっとクライミングしてみました(。-∀-)
まぁ、写真を撮ったら下りましたけどね(´∀`*)

10 すでに石段

入り口まで到着すると、すでに石段が若干急です(;´Д`)

11 神社入り口

筑波山神社入り口に到着(。-∀-)
しかしその奥にはまた石段が(;´Д`)

この時私は、『道中が石段ばっかりだったらどうしよう・・・』とか思っていました。
しかしこれは、甘い考えでした。

筑波山神社に到着した我々は、とりあえず神社の中を散策する事にしました(・∀・)

12 神社内

神社のサイズは小さいのですが、非常に色々凝縮されていて、何だかすごく質が高い感じがします。

13 男体山までの距離

歩いていると、いよいよスタート地点にやってきました。
御幸ヶ原、そして目指す男体山山頂までは、2.4Km。

14 登山道確認

看板にて、登山道を確認します。
と言っても、一本道なんだけどね(;´Д`)

15 スタート地点

我々の前に、ランニングスタイルのベテラン登山者が準備運動をしています。
かなりの軽装・・・、登り慣れているのだろう(゚-゚)
色々心配はありますが、早速登山を開始します(。-∀-)

16 階段が続く

登山道が始まってすぐに、気の根っこの階段が現れます。

17 足場は悪い

気の根っこは結構大きく、気をつけないとつまづきそうです(゚-゚)

18 歩けない事はない

しかし、全体的には緩やかです。
三重県の、赤目滝のトレッキングに近い感じで安心したのも束の間・・・

19 嫌な予感的中

階段が出てきました(;´Д`)
しかも、階段ぐらいならまだしも・・・

20 土砂崩れ?

この土砂崩れは何だ?( ̄Д ̄;;
いいえ、登山道です(;´Д`)

21 野鳥たち

道中には、ところどころ看板があり、ここで見れる野鳥を紹介しています(・∀・)
しかし、こっちは野鳥を楽しむどころではない!!



こんな感じのところばっかりです(;´Д`)
正直、なだらかな場所はほとんどありません。

22 ちょっとなだらか

中にはこんな場所もありますが、全体の1割もないんじゃないでしょうか?

23 ケーブルカーの線路

歩いていると、ケーブルカーの線路が見えました(。-∀-)
正直、来たら飛び乗ってしまいたいぐらいです・・・。

小休憩して歩き始めると・・・

24 再び悪路

再び悪路が・・・。
しかも、若干下っています(;´Д`)
少しでもふらついて足を踏み外そうものなら、そこはもう崖です( ̄Д ̄;;

25 くだり

急に下り+なだらかな道。
私は当初、こんな道がずっと続くんだと思っていました( ̄Д ̄;;
甘く見ていた・・・。

そうこうしているうちに、手持ちの500mlのペットボトルの水が少なくなってきた。
こんな事なら、もう一本ぐらい持ってくればよかった・・・とか思っていたら

26 ウォーター

湧き水発見!!
まさに命の水ヽ(*´∀`)ノ
しかし、飲めるのか?これ(゚-゚)

大丈夫です。
近くにコップもあったので、おそらく大丈夫でしょう(。-∀-)
ペットボトルに補充し、山頂を目指します(´∀`*)

27 急な階段

しかし、水を補給した途端、この登山道で最強の勾配が出現。

28 悪路

加えて道も超悪いです(;´Д`)

辛い・・・。
思った以上に。

しかし、私はフリークライミングを始めた時に誓いました。
壁が現れても、決して逃げずに立ち向かう事を・・・。

登山は、自分が歩くのを止めなければ、いずれは着く。
山に登れないとしたらそれは、自分の体力が無いのではなく、心が弱い証拠。

絶対に負けない!!

そう、自分に言い聞かせながら、登る事約2時間。

29 明るくなってきた

( ゚д゚)ハッ!
ちょっと明るくなってきた。

30 何か見えた!!

!!




















31 御幸ヶ原

着いたー!!!!!!

や、やっと着いた(;´Д`)
山、ナメてました_| ̄|○

でも、ここまで来ると、やっぱり逃げなくて良かったと思う自分がいます。
登山って、きっとこういうもんなんだろうなぁ。

あ、景色ヽ(*´∀`)ノ
早速景色・・・

32 眼下に広がる・・・

・・・( ̄Д ̄;;

・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

シオン「まぁ、山頂に着いたからいいか(。-∀-) 」
K「ここ山頂じゃないよw」
シオン「え!?じゃ、山頂はどこに・・・」
K「あそこw」

33 山頂はあっち

シオン「マジだ( ̄Д ̄;;」
K「ここは御幸ヶ原」

そう言えばそうだった。
しかし、御幸ヶ原で休憩をしたおかげで、気力は十分!
いざ、男体山山頂へ!!

34 山頂

道中きつい登りもありながらも、無事男体山山頂に到着(。-∀-)
頂上の小さい神社でお参りをしつつ、おみくじとかお守りを買って、再び御幸ヶ原へ下山。

35 下山

下山は、かなり危険です(;´Д`)
石段も、登る方が遥かに楽だと感じます。
前のめりに倒れたら、死んでしまうよ( ̄Д ̄;;

36 雲が出てきた

再び御幸ヶ原に到着すると、かなり雲が濃くなってきました。
本来なら、男体山をぐるっと一周するコースがあるのですが、ここまで天気が悪いと、正直微妙です。

景色も見れなかったが、初めての登山って、えてしてこんなもんなのかもしれないな。
そう思いながら、休んでいると・・・

37 晴れてきた
38 晴れてきた
39 時間が経つにつれて・・・

少しずつ晴れてきたΣ(゚∀゚)
これは、もう少し待ったら景色が良く見えるかもしれない!
なので、もう少し待つ事にしました。

40 ソフトで乾杯

待っている間、ソフトクリームで乾杯しつつ、展望台へ登ってみます。
そしてついに・・・

41 展望台パノラマ
42 展望台パノラマ
43 景色
44 景色
45 景色

眼下に広がる景色が!
この日は、天気が快晴とはいかなかったので、この辺が限界でしたが、それでも初めての登山は、割といい形でフィニッシュする事ができました(´∀`*)

しかし登山とは、登ったら下らないと行けません。
下りは・・・

46 ケーブルカーチケット

予定していた通り、ケーブルカーを使います(。-∀-)

47 ケーブルカー内部

ケーブルカー内部。



のんびり下山。
その所要時間、わずか8分(。-∀-)
楽でいいわ(´∀`*)

ケーブルカーを降りて思ったのですが、この急勾配をこのケーブルカーが登るところも体験してみたい。
次回来た時は、往復ケーブルカーもいいな(´∀`*)

今回は、初めて登山をしたと言うことで、正直山をナメていました。
登るなら、間を空けてかな・・・と思っていたのですが、時間が経つと、また登ってもいいかなと思っている自分がいます。
登山って、そういうもんなんだろうなと感じました(。-∀-)


下山したところで、昼飯ポイントに移動します(´∀`*)
移動した先はコチラ(。-∀-)

48 お昼に到着

飯屋かと思いきや・・・

49 飯屋ではない

飯屋ではありません(。-∀-)
ここが、二つ目の目的地、あらいやオートコーナーです。
実は、茨城に他にマニアックな物は無いかと色々調べていたら、昭和の時代からある、弁当の自販機なる物を発見しました。

50 弁当の自動販売機

これが、昭和の時代から存在する弁当の自販機です(´∀`*)
一日に二回、担当者が弁当を補充しに来るそうです。

51 お金を入れる

お金を入れて・・・

52 ひれかつ

ボタンを押すと・・・

53 弁当

弁当ゲット!

54 中身

私は、ひれかつ弁当を買いました(・∀・)
弁当は、ほっかほかです(´∀`*)
ひれかつは、おそらく150gぐらいあるでしょうか?
これで300円は、かなり安いです(´∀`*)

55 焼肉

Kの弁当は、焼肉弁当。
こっちも地味に美味そう。

食べてみると、家で食べるカツの味。
レストランや食堂で出てくる物とは違い、何と言うか家庭の味です(。-∀-)
毎日手作りしていると言うだけある(´∀`*)

満足した我々は、次の目的地を目指します。
車で移動していると、3Km離れたところから、何やら次の目的地が見えました(´∀`*)

56 何か見えた

お分かりいただけたでしょうか?
これが、三つ目の目的地。
今回の茨城ツアーの最大の見所

57 でかい

世界一大きい大仏、牛久大仏ですヽ(*´∀`)ノ

58 世界一の大仏

その高さは、120mです。
立っている大仏の中では、世界最大らしいです。
大きさだけで言うと、寝ている大仏で、もっとでかいのがあるのかもしれませんが、立っている大仏では、間違いなく世界最大らしいです(。-∀-)

近づいてみると・・・

59 でかい
60 でかい

写真だと伝わりにくいかもしれませんが、恐ろしくでかいです( ̄Д ̄;;
これが動き出したら、私は間違いなく漏らしますね( ̄Д ̄;;

大仏の中には入れるようになっており、中には色々な資料が展示してあります。
スタッフに聞いたところ、写真はOKとの事なので・・・

61 サイズ比較

大仏の足の指との比較を写真に収めてみました。
親指のサイズが、私の身長と同じぐらいです。
大仏がどれだけ大きいか分かると思います(。-∀-)

更にエレベーターで上に上がると、外を見ることができる場所が!

62 見晴らし
63 見晴らし

・・・狭い( ̄Д ̄;;
展望台と言うよりは、隙間ですね・・・。
この日は天気が快晴とは行かなかったので、残念ながら眺めは微妙でした。
天気がよければ、筑波山も見えるようです。
と言うことは、逆に筑波山からも牛久大仏を見れると言うことですね(゚-゚)
そのうちまた、色々リベンジしたいと思いました(。-∀-)


大仏を出た我々は、夕飯どころへと向かいました。
道中私は寝ていたので分からなかったのですが、Kの話だと、今回の水害の傷跡がちらほら見受けられたそうです。

色々渋滞にあいながらも、夕飯どころである・・・

64 チュー勇

埼玉県チュー勇に到着(・∀・)
中に入り、早速メニューを注文。

65 ぴりからもつ煮つけめん

私は、ぴり辛もつ煮ラーメン大盛。

66 ビックリラーメン

Kは、ビックリラーメン大盛を注文(。-∀-)
このビックリラーメン、上はラーメン、下はご飯と言う、何とも贅沢なデブメニュー(´∀`*)

67 余裕の完食

そして余裕の完食(。-∀-)
量は写真ほど多くはなく、割と食べやすかった。


夕飯どころを後にした我々は、次の目的地であるひとっ風呂を浴びに行きました。
いつもだったら、銭湯を探すのですが、今回は私のいとこの家にお邪魔します(´∀`*)
夕飯のチュー勇のマップを見たら、実はいとこの家が目と鼻の先である事に気づき、いとこの家と色々話をしたら、後輩共々ウェルカムと言う話になり、久々に遊びに行く事になりました(´∀`*)
私が過去に行ったのは、高校1年ぐらいの時。
実に、約20年ぶりぐらいでした(。-∀-)
そう、三つ目の目的地は、銭湯ではなくいとこ宅ですヽ(*´∀`)ノ

大体15分ぐらいで到着し、いとこ宅へ。
今いとこたちはみんな自立していて、家には叔父さんと叔母さんしかいませんでしたが、それでも暖かく迎え入れてくれました(´∀`*)

暫く雑談したところで、シャワーを浴びる前に、最後の目的地である、いとこ宅の真正面にある山の上からの夜景を見に行く事にしましたヽ(*´∀`)ノ

68 暗闇を歩く

いとこの家からLEDのランタンを借りて、暗闇の中を歩く事20分。
昼間は車で登れるのですが、夜は走り屋たちのドリフト防止のために、入り口が閉ざされています。
なので、夜は歩いて登るしかありません。
昼間の登山で疲れているのですが、夜景のために頑張って坂道を登っていく。

すると、見晴らしの丘公園に出て、その展望台に登ると・・・

69 夜景

見事な夜景がヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

前回の三重ツアー以来、旅のシメは夜景となりつつある我々。
今回チュー勇を選択した際、いとこの家に寄る事が決まり、子供のころ登った事のあるこの山を調べたら、何とも綺麗な夜景が見られる事が発覚。
登山をし、長距離をし、疲れている状態で更に坂道を登ったけど、来てよかった(´∀`*)

暫く夜景を楽しんだ後は、いとこ宅に戻り、シャワーを浴びる。
そして、滞在時間2時間、夜景の分を除くと滞在時間1時間で、埼玉を後にする。
名残惜しいけど、モチベーションを保てるうちに戻っておかないとね(。-∀-)

その後、無事に上越に帰還しました。
家に戻ったのは、朝5時。
何はともあれ、無事に戻ってこれて良かったのと、何より色々楽しかった。
いとこの家は、今度また時間がある時にゆっくり行きたいし、何より筑波山にもリベンジしたいので、この茨城ツアーはまたやりたいですね(´∀`*)


以上、長距離アタック2015in茨城ツアーでした(。-∀-)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zangt4.blog7.fc2.com/tb.php/2272-15ce5599
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad