シオンの、わくわくライフ

毎週日曜日、鋭意更新中。暫くブログのあちらこちらがちょいちょい変わります(。-∀-)

ひきこもりな日々ヽ(´ー`)ノ

朝起きたのは11時過ぎ・・・。
休日らしく、ぐっすり寝ました( ̄▽ ̄)

そのまま午前中はのんびり過ごし、昼飯を食べた後は、久々にリビングでくつろぎました(・∀・)

最近は結構涼しくなってきたので、涼しくなり始めてから初の、ホットコーヒーを淹れる事にしました( ̄▽ ̄)
久々にサイホンを使うので、結構ほこりがかぶっています。
一度洗ったあと、アルコールランプにアルコールを入れ、ミルで豆を挽き、サイホンで抽出(-ω-)

豆自体が去年の豆だったので、味はあまり期待はしていませんでした。

そんな感じで、昼はのんびり過ごしましたヽ(´ー`)ノ


その後、1時過ぎから、F1鈴鹿GPの前説らしき物が始まっていたので、そのまま見る流れに(-ω-)
そのまま時間が過ぎると、2時ごろにレースはスタートしました( ̄▽ ̄)

午後4時にF1が終了して、興奮冷めやらぬ友人から電話がかかってきて、そのままF1の話をしばしば。

話が終わったあと、その興奮を忘れないうちに、F1レポートを書きました( ̄▽ ̄)


事が済んだら眠くなってきたので、夕方から少し一眠りヽ(´ー`)ノ

七時半ごろ起きて、夕飯を食べたあと、PCのデータ整理をしたり、必要なデータを退避させたりと、のんびり過ごしました。


PC内のデータの整理も一段落したところで、めいぽイン(・∀・)
露店放置してあったのですが、店を閉じ、アイテムを補充して、今日も空のテラスⅡへと、狩りに出かけます(-ω-)

空のテラスⅡでのデータが何もなかったので、とりあえず暫定の経験値データを測定し、終わってからも、引き続き狩りをしていると・・・

20051010032604.png

みかんキタ━━━━(◆□◆;)━━━━!!!!
私はザナの真似をして、手裏剣が切れてきた合図として、最後にみかんを持っているのですが、どうやら手裏剣を全部使い切ってしまったようです(;´Д`)

残り10%も無かったので、稼ぎきるまで手裏剣が尽きないことを祈りながら、狩りを続けると・・・

20051010032750.png

レベル32~ヽ(´ー`)ノ
何とか、手裏剣も切れることなく、無事に終了(・∀・)

手裏剣の状態が気になり、アイテム欄を見てみると・・・

20051010032849.png

・・・
昨日りしゅと狩りして、レベル上がってからも少し狩りして、10%だけ貯金があったのですが、それがなかったら間違いなく手裏剣は切れてましたね(-ω-;)

レベルが上がったところで、ルディに戻って荷物整理。
本日のドロップは無し(´Д⊂グスン


さて、明日は休日最終日。
今回の三連休は、どこへも行っていないので、せめて洗車して買い物ぐらいには出かけたいと思いますヽ(´ー`)ノ

明日も頑張るぞ、などと思いながら、本日のめいぽ糸冬 了..._〆(゚▽゚*)





F1レポート-日本GP-

母国グランプリともなる、F1鈴鹿GP。
天気は、昨日の雨とは打って変わっての晴天である。
昨日の予選では、前回順位のよかった5人が走り始めたと単に雨脚が強まり、結果的にタイムが出せず、最下位付近からのスタートとなった。

M.シューマッハ・F.アロンソ・K.ライコネン・J-P.モントーヤ。
すべて、いつもポイント圏内を走り、その圧倒的な速さを見せ付けていた、ルノーとマクラーレン。
その二つのチームが後方からのスタートとなり、本戦では、誰が優勝するのか…、それがとても注目されていた。

スターティンググリッドを見ると、今まで中堅を走っていたドライバーが、フロントローからサードローまでを占めているような状態で、遅いドライバーが前、速いドライバーが後ろと、まさにGT選手権のようなルールでレースは始まった。


波乱が予想されていた本戦が始まると、早速アクシデントが待っていた。
16万人の観客の声援を一身に受けて走る佐藤琢磨が、なんとオープニングラップで、コースアウト。
不運なことに、タイミングよく突っ込んできたR.バリチェロと接触し、ピットインを余儀なくされた。

そのオープニングラップで、更なるアクシデントが待っていた。
最終コーナーであるシケインで、モントーヤがマシンのバランスを崩し、コースアウトしクラッシュとなった。
そのままセーフティカー導入という、なんとも波乱含みのレースを予感させた。

しかし琢磨は、セーフティカーが入ったことにより、大きく順位を落とすこともなく、レースに復帰することができた。


セーフティカーがいなくなってから、レースは再スタート。
気づけば後方からスタートした、M.シューマッハ・アロンソ・ライコネンが、その順位を上げていた。

レースは序盤から、激しい争いを見せた。
ポールからスタートしたR.シューマッハは、今回は3ピットで行く予定だったらしいのだが、セーフティカー導入のため、その作戦を発揮することができず、少しずつ後方へと沈んでいくが、兄M.シューマッハは、着実にその順位を上げていく。

しかし、その後ろからはアロンソ、さらにその後ろからはライコネンが迫ってきている。
テレビカメラは、その三つ巴のバトルを、常に映し続けた。

今シーズン、思い切った成績の残せていないM.シューマッハ。
前回のブラジルGPで、最年少シリーズチャンピオンを獲得したアロンソ。
最速のマシンを操るライコネン。
三人の走りは、まさに拮抗していた。

M.シューマッハは、今年は思い切った成績を残せていないが、それはマシンのせいだと思っていた。
なぜなら、後ろから追いかけるアロンソの操るルノーマシンは、かなり性能がいいとはいえ、シューマッハも、簡単には道を譲らない。
そんなベテランの走りを見ると、マシンの性能を上回るシューマッハの走りに、脱帽といっても過言ではない。

しかし、後ろから猛チャージをかけるアロンソが、なんと130Rで、アウトからシューマッハを抜き去った。
マシンの性能がいいとしても、なかなかできる技ではない。


あくまでもGT4の意見になってしまうのだが、鈴鹿サーキットは、非常に難しいサーキットだと思う。
なぜなら、スピードの乗る高速コーナーが非常に多いのに、コース幅が恐ろしく狭いのである。
もちろん、狭いといっても高が知れているのだが、高速でコーナーを攻めると、体感する広さはだんだん狭まり、結果的にかなり狭く感じるのである。

そんな中アロンソは、300キロ近くスピードの出るコーナーで、アウトから最速の皇帝を抜き去ったのである。
F1のレースを見ていて、これほど興奮したのは、モナコでJ.トゥルーリが、ローズヘアピンでのオーバーテイクを見せた時以来かもしれない。

アロンソがシューマッハを抜いた後、ライコネンも暫く後の周回で、シューマッハを抜く。

レースが進んでも、暫くはもつれた三台は、テレビ中継されるなか、常にその視線を集め続けたのではないだろうか…。


レースが序盤に差し掛かると、最下位付近からスタートしたライコネンが、トップに立った。
ライコネンは、このままゴールするのかと思いきや、残り8周前後でピットイン。
その隙に、ルノーのJ.フィジケラがトップに立つ。

ライコネンは、最低限の燃料を積むと、コースへと戻っていく。
順位は2位、前を走るフィジケラとのタイム差は5秒弱、残り周回は8周…。
私はその時、直感で感じたことがる。
ライコネンは、必ずフィジケラに追いつく、と。

一周1秒縮めると、残り3周で追いつくと思っていたのだが、ライコネンは一周1秒を上回る、1.3秒の速さで、フィジケラを追いかける。
結果的に、残り4周ぐらいで、ライコネンはフィジケラに追いつき、そこから激しい揺さぶりをかける。
フィジケラも、残りの周回数を考えると、抜かせまいと頑張って走るものの、その速さの差は明らかだった。

しかし、鈴鹿サーキットは、狭く抜きにくいコース…。
ライコネンが追いつくことは予想していたが、性能の差が、そこまで無いこの二台…。
ライコネンが抜くことは、もしや不可能なんじゃないか、そう思った。

しかし、ファイナルラップに入る直前の最終シケインで、ライコネンの走行ラインに変化が現れた。
グラベルの上を突っ切り、シケイン出口での脱出速度を優先する走り。
そう、これはレコードラインではなく、明らかに勝ちに行くライン。

そして、順位は変わらずコントロールラインを通過し、いよいよファイナルラップへ。
その瞬間、スリップに入ったライコネンが、鼻先をフィジケラのマシンのラインにねじ込んだ。
フィジケラも、一度はブロックモーションを出したものの、ライコネンの速さは、もはやフィジケラの手に負えるものではなかった。
第一・第二コーナーが連続してある場所で、ライコネンはトップに立った。

こうなると、もはやフィジケラはライコネンを追い越すことはできず、最終的に1秒以上速いタイムで、ライコネンはゴールした。


抜きにくく、非常に難易度の高い鈴鹿サーキット。
その鈴鹿で、こんなにもオーバーテイク劇を見ることができるとは、正直予想していなかった。

マシンの性能もさることながら、それに比例して、ドライバーの実力が上がってきた事を痛感した、鈴鹿GPだった。

次回はいよいよ最終戦、中国上海GPである。
最後の最後まで何が起こるかわからないが、何があっても、その結末を見届けようと感じた、鈴鹿GPだった。

コメント

F1すごかったねw

アロンソ かこいいw ( ´艸`)ププ♪
見てるとこ 違うって?(Ψ▽Ψ*)イヤン♪

実に見ごたえのある鈴鹿でしたね~w
最後にライコネンが 抜いたときは(ノ`∇´)ウピョ~だったわw
きららさんとも お話したかったなぁ・・・

眠くなってきた・・・
おやすみなさい~♪(⌒∇⌒)ノ""フリフリ 

  • 2005/10/10(月) 04:31:19 |
  • URL |
  • ハティ #-
  • [ 編集 ]

お返事ヽ(´ー`)ノ

ハティ>
むぅ、ハティはアロンソファンか。
青きマタドールに、カウンターを食らわされたようだ(´∀`*)ウフフ
確かに今回の鈴鹿は、今年のF1を通してみても、かなり見ごたえのある一戦だったと思うよ(・∀・)
そんなハティも、やっぱりファイナルラップでのライコネンの走りに大興奮だったようだね( ̄▽ ̄)
また来週は、最終戦の中国GPがあるから、見終わったら雑談しようね(・∀・)

  • 2005/10/11(火) 00:30:07 |
  • URL |
  • シオン #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zangt4.blog7.fc2.com/tb.php/190-2e0e9dd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad