シオンの、わくわくライフ

毎週日曜日、鋭意更新中。暫くブログのあちらこちらがちょいちょい変わります(。-∀-)

腹部大動脈瘤破裂

本日ブログを読んでくださった皆様、毎度読んでもらって光栄に思いますが、ここのところのネタ不足に追い討ちをかけるように、今日は少しショッキングな事態が起こりました。

正直、ブログを書く気にもなれそうにもなかったのですが、こう言うところでだらけてしまっては・・・、と思い、本日は、リアルネタしかありませんが、割と頑張って書いたつもりです。

今日はこんな状態ですが、明日から頑張って書けるように、今日はキッチリ書くことにします。




13:00 じーちゃんの具合が・・・

うちのじーちゃんが、具合が悪くて、私が出かける前に倒れた。
正直、普段から不健康な生活を送っていたので、暑さでバテたんだろう程度に思っていたのですが、病院に運ばれると同時に緊急手術・・・。
原因は、タイトルにもあるように、腹部大動脈瘤破裂(ふくぶだいどうみゃくりゅうはそん)らしい。

その事実を聞いたのは、私がメイと少し遠出してる最中で、医師は『手術が成功する確率は、五分五分だ』と言ったらしい。
私はそれを聞いて、少し安心した。
その言葉には、聞き覚えがあったからだ。


18:30 メイとの遠出より帰宅

家には、病院から電話をよこしたおかんが、仕事をしていた。
私は、帰ったときにおかんの姿が見当たらなかったので、とりあえず部屋へ戻る事にした。

その後、眠いと思っていたので、寝ようかと思ったのだが、その前に、仏壇の前に座り、私は先祖に手を合わせることにした。
『どうか、見守ってあげてください』と。
今私にできる事は、冷静でいる事・信じる事。


19:30 両親と一緒に病院へ

手術中、ばぁ様が、手術室から少し離れたところにいた。
途中、何度か親戚の人たちが来てくれたらしく、割と安心した感じだった。
私とおとんで、とりあえず1台の車で、おかんは弁当を買ってから、病院へ遅れて到着。

一息つく気持ちで、ばぁ様・私・おとん・おかんで弁当を食べる。
食べ終わったら、現在の状況の話が始まったが、私はどうも聞く気になれなかったので、そのまま静かにベンチで目を閉じる。

少し遅れてから、違う親戚の人が来て、皆で現在の状況を説明する。
と言っても、手術中以外、説明しようがないのだが・・・。


21:00 一足早く帰宅

親戚がいて、いつものうちのメンツが揃って話をしていた空間・・・、緊張感がなく、私は一足早く帰宅した。
正直、待つのがめんどうと言う理由もあるのだが、私は待つのが嫌いなのだ・・・。

今まで、待たされていて、その後いい報告があった事は、一度もない。
小学校の時、放課後の先生の呼び出し・・・。
放課後まで待つ時間が嫌いだった。
中学の時、部活の顧問からの呼び出し・・・。
美術部だった私は、デザインコンクールの結果、放課後まで待たされるのが嫌いだった・・・。
いい結果かどうかは分からない、大体がいい結果だったとしても、あまり好きではない。

待たされるのは嫌いであり、緊張感のない、その空間にいたくなかった。
とは言え、そう思っていたのは私だけなのだが・・・。


--:-- 過去の記憶・・・

『最善を尽くします』
医師の口から、そう告げられた。
私と仲間は、その言葉を聞いて、その場に崩れ落ちた・・・。

当時私が、高校の時に所属してた走り屋のチームのメンバーが、初めて事故で帰らぬ人になった。

最近の医療ミスを懸念して、医師は『絶対大丈夫です』とは口にしない。
ミスした時の建前として、大丈夫な時は『確立は五分五分です』と言うのだ。
しかし、もしだめな時は『最善を尽くします』と。
その日病院に駆けつけた私たちを待っていた言葉は、後者のほうだった。

後日談だが、私たちが病院に着くと同時に、仲間は息を引き取ったらしい。

高校を卒業して、今でも走り屋の世界に住む私は、直接の知り合いじゃないが、『どこそこのチームのメンバーが事故を起こした』などと言う話は、しょっちゅう聞く。
うち、『病院へ行った』が4割。
その更に1割の人が、帰らぬ人になる。


22:00 手術終了予定時刻

電話はかかってこない。
私はどんな現実でも、受け入れる覚悟はできている。
病院に行ったのだって、一度や二度じゃない。
慣れてるはず、そう、慣れてるはずだった。

しかし、なぜこんなにも落ち着かないのだろう・・・。
身内だからだろうか。
自分でも分からないが、冷静な反面、何も手に着かない。
なんと言うか、『無気力』状態なのだろうか・・・。

しかし、私には確信があった、大丈夫だと言う確信が。
いや、そう信じているのだろう。


22:19 おとんからの電話

手術が無事に終了したと、おとんから電話があった。
私はそれを聞いて、つとめて冷静に返したが、内心は、とてもほっとした気分になった。

しかし、今後のアフターで何が起こるかは分からない状態ではあるけど、大きな手術は終了したことに、とても大きな安堵を覚えている。

昨日から今日にかけて、色々な事が動いて、どうしていいか分からないけど、一つ一つ自分の中で消化していかないといけないと、改めて感じた。
こうやってキチンとブログを書くことも、私なりの決心の表れなのだと、自分に言い聞かせて、これからの事を静かに見守りたい。



その後の一言・・・

読者様には、最近面白いブログをお届けできなくて、正直反省するばかりです(-ω-;)
自分でも面白くないと思っているものは、読者様が見ても面白くないだろうと思います。
何より、めいぽでのネタ不足&イン率低下が、現状で考えられる理由だと思いますヽ(;´Д`)ノ
これからも、頑張って面白いブログを作っていこうと思いますので、もう暫く見守っていてくださいますよう、よろしくお願いいたします(*- -)(*_ _)ペコリ

コメント

ハィ

面白いブログだけじゃなくても イイと思います 
おじい様の術後の回復をお祈りしております

  • 2005/07/18(月) 00:10:58 |
  • URL |
  • サチャーン #osd7LS92
  • [ 編集 ]

今回の

記事、家族に対するさまざまな想いで見させていただきました。

ただただ、おじいちゃんの体調がよくなりますよう、願っております。

  • 2005/07/18(月) 00:13:30 |
  • URL |
  • NINA #osd7LS92
  • [ 編集 ]

無事に終了して安心したよ
おじい様の体調が良くなるよう祈っております

  • 2005/07/18(月) 00:58:56 |
  • URL |
  • MADEINHEVEN #-
  • [ 編集 ]

正直にシオンさんはすごいと思いますよ。私も似たような事があって、その時は考えたくない事とかばかりが頭をよぎって自己嫌悪に。冷静とは掛け離れて・・・
早く体調がよくなるといいですね。お祈り致します。

(タイミング悪くて、ホントごめ;;)

  • 2005/07/18(月) 01:39:04 |
  • URL |
  • りしゅ #EWVx.VaU
  • [ 編集 ]

いつもブログ見てます。ども。
おじいさんの体調が良くなる事を思ってます。メイポよりリアルをゆうせn(ry

  • 2005/07/18(月) 11:13:23 |
  • URL |
  • ガルウルグ #-
  • [ 編集 ]

俺も似たような事があったが…黙っておこう、その風刺した観点があれば大丈夫そうだな、なんだか羨ましいぞあんちくしょうめ(´・ω・`)

めいぽは完全に引退する事にしたよ。これ以上は危ないと判断してだからさ、悪い方向では無いと思ってる。
おじいさんの体調回復を祈るよ…

  • 2005/07/18(月) 12:58:18 |
  • URL |
  • ロジャ #JalddpaA
  • [ 編集 ]

師匠、大変だね;;それとおじいさん元気になるといいね!

  • 2005/07/18(月) 14:51:42 |
  • URL |
  • バム #-
  • [ 編集 ]

お返事ヽ(´ー`)ノ

サチャーン・ニナ>
ありがとう、そう言ってもらえると心強いよ( ̄▽ ̄)

メイ>
一緒に出かけてる最中の出来事だったから、ちょっと気まずくなっちゃってすまなかったね。
まぁでも、俺も安心したよ。
またどっか行こうぜヽ(´ー`)ノ

りしゅ>
いや、慣れてると言うのか、薄情と言うのか、とにかく冷静すぎて、それの方があせっちゃったよ(;´Д`)
タイミング悪くはないから安心しろプニュ( ´∀`)σ)Д`)

ガルウルグさん>
お気遣い感謝です( ̄▽ ̄)
とは言え、めいぽも私の活動のステージとして、大切なものでもあるので、それとなく頑張る予定です(・∀・)

ろじゃ>
何がうらやましいんだ(;´Д`)?
って言うか、やっぱりめいぽ引退しちゃうのか、まぁそうなると思ってたけど(;´Д`)
トリスタ行っても頑張ってくれ(-ω-)b

ヴァムさん>
大変だけど頑張るYo( ̄▽ ̄)!

  • 2005/07/19(火) 00:39:37 |
  • URL |
  • シオン #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zangt4.blog7.fc2.com/tb.php/108-8c8900aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad